ASRobot

タイトルがロボットなのに関連する記事がほぼ無い備忘録です。

2018年12月の日記

14日

毎回失敗している日記チャンレンジに再挑戦することを決めた。この日記を書いているのは深夜4時前。 何故、人間は早く寝ることができないのか。早めに就寝すれば早朝に起きて作業も捗るし健康面でもメリットしかないはずだ。 しかし、毎日この時間まで起きてしまう。どうしようもない。頭でわかっていても体が作業をしようとする。 久々に書いた日記なのに、オチもないクソ文章を生成してしまった。明日(今日)起きた時の自分はこの記事を読んで何を思うか。 おそらく、秒でこの日記を消す。寝よう。

15日

今日は起きる時間が遅かったのもあり、ずっと家に居た。起きた直後辺りから頭痛が酷く作業もあまり進まなかった。作業が捗らないので何故頭痛がするのか考えていた。恐らくコタツに長時間入っていたのが原因。脱水症状的なやつだと思う。水分補給をしたらマシになったので、やはり水分が足りていなかったみたい。コタツは暖かいけど、油断すると脱水症状に陥るので気を付けていきたい。近いうちに室内用の暖かい靴下とかスリッパを買おう。そうすればコタツに入る時間が減って、脱水症状になることも無いだろう。根本的な解決になってない。寝よう。

16日

今日は午前中に起きることができた。素晴らしい。午後は家電量販店に行った。iPad ProやiPhone XSなどが陳列されていて物欲が高まった。それから何故か携帯ショップに足を運んでいた。そして今、iPhone XS(256GB)からこの日記を書いている。一体何が起きた。おやすみ。

17日

今日は日記を書き始めて4日目。三日坊主は回避された。どのくらい続くのだろうか。自分の事だけど予想できない。どうでもよい前置きはさて置き、今日は月曜日なので大学の研究室に行った。課題をやったり研究のことを話していたらあっという間に夜になっていた。帰り際に友達と昨日買ったiPhone XSのケースを買いに行った。ピンとくるケースが少なかったけど、色々探し回っていると良さげなケースが見つかった。背面がホワイトガラスのケースだ。側面はTPU的な素材で、表面がマット加工されている。個人的には表面がテカっているものは好みではないので、ホワイトガラス&マットな表面という条件だけで買いが決定した。後はiPhone XSがQiに対応しているので、Qiの充電スタンド?的な物もついでに購入した。合計5000円程であるが、電気屋のポイントが溜まっていたのでポイントで全額払うことができた。その後は友達とマックに行って、後はそのまま帰宅して飯を食って今に至る。この日記も昨日と同じくiPhone XSから書いている。布団が暖かい。寝よう。

18日

今日は用事があり夕方に大学へ向かった。研究室に着いた後は、講義の課題が残っていたので頑張って終わらせた。その後は友達と待ち合わせをして帰路に着いた。そう。特に変わったこともなく普通の日だった。書けることが少ない。あるとすれば、友達と会う前に腹が減っていたので、マクドナルドでチキンクリスプを1個だけ食べたら、謎の腹痛に襲われたという、他人からしたら要らない情報しか含まれてない話しか残っていない。しかし、この話のおかげで、今日の日記の量が増えた。マクドナルドに感謝するしかない。ちなみにこの日記を書いているのは、翌朝である。おはよう。

19日

今日は午前中に起きることができて、午後は講義が2連続であったので、体力をかなり消耗した。数式強いマンになりたい。その後は研究室で作業した後に、友達と飲みに行った。いい感じに酔えたので、リラックスしながら家に帰れた。明日も早く起きたいなと思ってるけど、自分の場合、ある程度の緊張感が無いと早く起きることは無理らしい。何も用事がなく、意識下で早く起きようと念じても無意識に「起きなくても大丈夫っしょ」的な思考が働いているようだ。この思考は無意識下で行われているので、コントロールする術は現状ない。どうすればコントロールできるのか...。ここまで色々書いてきたが、そもそもこの話は無意識下の思考を推測しただけなので、実際にそのように考えているかもわからない。そもそも、上の話はさっさと早寝早起きすればよいだけの事だし、夜遅くまで起きて、意味のわからない文章を書く自分に対する言い訳にしかならない。そう、早く寝れば全ては解決する。しかし現在は深夜3時前。おやすみ。

20日

今日は、昨日寝る時間が遅かったというのもあり、昼過ぎに起きた。いつも通りな感じで安心する。起きた後は大学に向かい、大学近くの松屋に行った。松屋は他の牛丼屋と違い、デフォルトで味噌汁が付いてくる。このお得感から、最近は松屋に行くことが多い。その後は研究室に行き、いつも通り作業をした。うん。すごく平和だ。こんな日常が毎日続けばどんだけ幸せか。しかし、これから先やることだらけだ。頑張ろう。おやすみ。